新築やリフォーム時の建築費用がわかる積算資料ポケット版です。

新築やリフォーム時の建築費用がわかり、建材や設備等の資料請求もできる積算資料ポケット版WEBです。

  • 積算資料ポケット版とは
  • 資料請求カート

    0

設計・見積り実例

EXAMPLE

ホーム > 設計見積り実例 > リフォーム編:実例4

リフォーム編:実例4

デザイン性を高めたマンションリノベーション

物件概要

  • 所在地東京都渋谷区
    築年数築18年
    構造種別SRC造
    延床面積56m²
    工期設計:約1.5カ月/工事:約1.5カ月
    工事費総計7,980,000円(税込)
    概算費用142,000円/m²((税込)
  • 外観

リノベーションに至った経緯

通勤時間を短縮したいとの希望から、住み替えを決め物件を探し始めた施主様。職場からの距離などの条件がピタリと合っていたのですぐに問合せし、購入を即断。既存の1LDKの間取りは、LDKとベッドルームの間にサニタリーが挟まるユニークなもので、そこも気に入った点のひとつだったとのことです。
コンクリートむき出しのような個性的な内装・インテリアも好みのようでしたが、将来的に賃貸へ出す可能性もあることを踏まえ、標準的な仕様で、間取りもほぼそのまま生かすことに決めました。

リノベーション工事の概要

既存の間取りを生かしながら、必要最低限の間仕切り壁を移動させ、仕上げ材を一新したリノベーション。仕上げ材は、施主様の好みに合わせながらもリーズナブルに、かつ今後簡易にリノベーションできるよう、既製品を使用しました。また、インテリアが映えるようにと仕上げ材の色合いを施主様と一緒に考え、楽しみながら打合せを行いました。

リノベーション工事の効果

メインのLDKのみならず、サニタリーを広げてホテル風に仕上げると生活しやすさと快適さが増し、全体のイメージもクールに一新されました。照明には調光機能を持たせ、ウッドブラインドはブラックを選ぶなど、デザイン性を高めました。生活感を抑えた室内でひと際目を引くのがリビングの壁。ブルーの大判タイルがデザインの決め手になっています。
たくさんの絵をレイアウトしたキッチンとリビングの間仕切り壁は、施主様のお気に入りのスポット。仕事から帰ってソファーに座り、お酒を飲みながら絵を眺めるのが施主様の至福の時間だそうです。

図面

リノベーション前

  • リノベーション前
  • リノベーション前

LDK。既存の間取りを生かしてリノベーションを行う

  • リノベーション前
  • リノベーション前

サニタリー。まだまだ綺麗だが、全体のデザインに合わせ交換する

リノベーション後

  • リノベーション後
  • リノベーション後

奥行きを生かしたLDK。ブラインドを使用することで採光性を高め、空間が広く見えるように演出した

リノベーション後

たくさんの壁を飾った間仕切り壁は、キッチン側では収納としての役目も

  • リノベーション後
  • リノベーション後
  • リノベーション後

設備類も全体のデザインに合わせ一新。使いやすさも向上した

  • リノベーション後
  • リノベーション後

ベッドルームもリビングとイメージや色を統一

  • リノベーション後
  • リノベーション後

科目内訳

No. 名称 金額(円) 概算費用(円/m²) 構成比(%)
1 各種検査 53,830 961 0.7
2 養生解体工事 267,888 4,784 3.6
3 処分費 179,530 3,206 2.4
4 内装工事 464,090 8,287 6.3
5 塗装工事 71,920 1,284 1.0
6 内装造作・木工事 825,231 14,736 11.2
7 建具工事 3,690 66 0.05
8 左官・防水・タイル工事 563,870 10,069 7.6
9 サッシ工事 46,150 824 0.6
10 雑工事 52,190 932 0.7
11 電気工事 387,570 6,921 5.2
12 設備工事 172,690 3,084 2.3
13 空調・換気扇設備工事 79,980 1,428 1.1
14 ガス工事 33,220 593 0.4
15 その他工事 189,220 3,379 2.6
16 資材費 3,172,800 56,657 42.9
17 資材管理費・諸経費 825,940 14,749 11.2
合計 7,389,809 131,961
端数調整 △ 920
改め計 7,388,889 131,944
消費税(8%) 591,111
総計 7,980,000 142,500

概算費用は延床面積56m²で計算

コストについて

全体の印象を一新したフルリノベーションであり、内容は多岐にわたっています。内装・設備類を新規交換したため、資材費が4割強を占めているのがこの工事の特徴です。