新築やリフォーム時の建築費用がわかる積算資料ポケット版です。

積算資料ポケット版は、住宅建築・リフォーム・マンション修繕などの建築費用がわかる、建材や設備等の資料請求サイトです。

  • 建材工法ガイド
  • 概算見積り算出システム
  • 積算資料ポケット版とは
  • 資料請求カート

    0

建材・工法ガイド

GUIDE

ホーム > 建材・工法ガイド > 木工事、木材 > 耐震補強・耐震金物 > 壁補強|GDウォール工法|グランデータ

壁補強|GDウォール工法|グランデータ

床・天井をそのままに壁補強ができ工期短縮・費用低減も実現

「GDウォール工法(正式名称:グランデータ・ドラゴン・ウォール工法)」は、床や天井をそのままに壁補強ができる※1のが特長。市販の構造用合板を使用でき※2、施工には特殊な技術や工具も不要。付帯工事を削減することにより、工期短縮および費用の低減を可能とした。上下隙間仕様、最大耐力8.3kN/m※3を実現している。
※1:天井の懐が310㎜以下の場合
※2:JAS規格12㎜厚の2級Ⅰ類または特類を使用
※3:大壁910タイプ・ビスピッチ100㎜の場合

(一財)日本建築防災協会
住宅等防災技術評価取得(DPA-住技-62)


■適用範囲
・ 日本建築防災協会「木造住宅の耐震診断と補強方法」(2004年・2012年版)の適用が可能な専用住宅および併用住宅で、木造軸組工法・伝統工法および立面的混構造の木造部分
・延べ床面積500㎡以下、3階以下の建物
 
■適用条件
・ 壁の片面補強用(両面使用や壁裏面に上下隙間仕様の耐力壁がある場合は使用不可。ただし裏面の壁の耐力を非耐力化する場合はこの限りでない)
・ 室内側の壁補強用(風圧を受ける外壁側は使用不可)
・ 1階において、補強壁の直下に基礎があること(基礎新設の場合はこの限りでない)
・ 両端に柱があること
・ 上下隙間が以下の寸法に収まること 上隙間:310mm、下隙間:155mm
・ 柱サイズが105角以上または90角以上のこと
・ 壁の連続配置の制限条件を満足すること

グランデータ・ドラゴン・ウォール工法の資料請求はこちらから

グランデータ株式会社
TEL : 042-523-7815     FAX : 042-523-7816
http://www.grandata.co.jp/
このメーカーの情報詳細・製品一覧

<<商品詳細に戻る

同じカテゴリの建材・工法ガイド