新築やリフォーム時の建築費用がわかる積算資料ポケット版です。

新築やリフォーム時の建築費用がわかり、建材や設備等の資料請求もできる積算資料ポケット版WEBです。

  • 積算資料ポケット版とは
  • 資料請求カート

    0

設計・見積り実例

EXAMPLE

ホーム > 設計見積り実例 > リフォーム編:実例5

リフォーム編:実例5

築30年の既存戸建て住宅を「ゼロエネルギー住宅」へ
性能向上リノベーション

物件概要

  • 所在地世田谷区
    築年数築30年
    構造種別地上2階在来工法、地下1階RC造の混構造
    建築面積68.12m²
    延床面積150.32m²(減築して最終延床144.38m²)
    リフォーム対象面積144.38m²
    工期設計:約3.5カ月/工事:約3カ月
    工事費総計40,610,000円(税込)
    ※調査、解体、設計、工事、保険料等すべて含む
    概算単価281,000円/m²(税込)
    ※調査、解体、設計、工事、保険料等すべて含む
  • 外観

リフォームに至った経緯

リビタが展開する戸建てリノベーション事業「HOWSRenovation」では、2013年より戸建て住宅の性能向上改修(断熱性能は2020年基準、耐震性能は2001年改正の現行法基準)による買取再販事業に取り組んできました。今回、YKKAPと協働で、YKKAP商品を活用し、築30年の混構造の住宅を、“断熱”については2020年に新築住宅で義務化される予定の性能基準を上回るレベルへ、“耐震”については、震度6強の地震にも耐える性能の最先端のゼロエネルギー住宅仕様への改修を目指し「、お客さまの暮らしを豊かにする、一歩先の当たり前」を追及しました。

リフォーム工事の概要

  • エネルギーパスにより、エネルギー消費のビフォーアフターを見える化
  • 断熱改修:住宅の断熱性能値(UA値)が改修前の約三分の一に(改修前1.53⇒改修後0.46)
  • 耐震改修:耐震等級3(上部構造評定Iw値1.5)の確保(改修前0.33⇒改修後1.53)
  • ZEH改修:オール電化、太陽光発電設置、第1種換気システム、その他省エネ設備設置
  • 防火改修:現行法のレベル確保、外壁・屋根張替え、窓交換
  • 間取り変更:暮らし方の変化への可変性を提案、居心地につながるデザイン性
  • 住設交換、内装新設、インフラ入れ替え
  • 地盤保証、瑕疵保険付保、リノベーション住宅推進協議会「R5住宅」取得
  • 劣化診断・修繕

リフォーム工事の効果

2020年に新築住宅で義務化される予定の性能基準を上回るレベルの断熱性(HEAT20G2レベル、UA値0.46以下)、震度6強の地震にも耐える耐震性(評点1.5以上、壁量耐震等級3レベル)を確保。そのほか、省エネの給湯、空調、照明設備やHEMSを導入したほか、太陽光発電(6.3KW)も設置しました。具体的な効果としては、下記の通りです。

  • エアコン一台で、冬の間でも室内温度を快適に保つことのできる断熱性
  • 国の最低基準の約1.5倍以上の耐震性、震度6強の地震にも耐える耐震性能
  • 太陽光発電の設置により、エネルギーを創り、売電により、消費エネルギが国の定める算定基準で実質ゼロ以下を達成
  • 耐震・断熱性を一般的な新築物件の性能を上回るレベルへ向上させ、既存住宅の資産価値の維持向上
  • 耐震・断熱性向上により室内における温熱環境のムラをなくし、空間のつながりや間取りの可変性を実現
  • 住宅そのものやエネルギーに対する知識の向上により我慢しない省エネ(ゼロエネ)を無理なく実現

図面

リフォーム前

  • リフォーム前
  • リフォーム前
  • リフォーム前

施工中

  • 施工中

リフォーム後

  • リフォーム後
  • リフォーム後
リノベーション後
  • リフォーム後
  • リフォーム後

科目内訳

No. 名称 金額(円) 概算単価(円/m²) 構成比(%)
1 調査関係 742,000 5,139 2.0
2 設計関係 1,540,000 10,666 4.1
3 調査解体工事 1,100,000 7,619 2.9
4 仮設工事 996,100 6,899 2.6
5 解体工事 1,320,513 9,146 3.5
6 基礎工事 912,000 6,317 2.4
7 木工事 7,215,263 49,974 19.2
8 耐震補強工事 1,208,300 8,369 3.2
9 屋根工事 3,889,225 26,937 10.3
10 タイル工事 398,150 2,758 1.1
11 左官工事 262,500 1,818 0.7
12 断熱工事 2,104,422 14,576 5.6
13 サイディング工事 2,500,000 17,315 6.6
14 防水工事 237,000 1,642 0.6
15 アルミサッシ工事 3,000,000 20,779 8.0
16 木製建具工事 1,111,210 7,696 3.0
17 家具工事 1,102,810 7,638 2.9
18 塗装工事 1,045,000 7,238 2.8
19 衛生空調設備機器 2,490,170 17,247 6.6
20 電気工事 552,000 3,823 1.5
21 給排水工事 730,000 5,056 1.9
22 アルミ工事 209,700 1,452 0.6
23 鉄骨工事 850,000 5,887 2.3
24 エアコン工事 33,000 229 0.1
25 その他工事 733,001 5,077 1.9
26 現場管理費(工務店のみ) 1,328,224 9,200 3.5
合計 37,610,588 260,497 100.0
消費税(8%) 3,008,847 9,069
改め計 40,619,435 281,337
端数調整 △9,435
総計 40,610,000 281,272

概算費用はリフォーム面積144.38m²で計算

コストについて

内装をフルリフォームしているため、木工事が約20%と高い割合を占めています。