新築やリフォーム時の建築費用がわかる積算資料ポケット版です。

積算資料ポケット版は、住宅建築・リフォーム・マンション修繕などの建築費用がわかる、建材や設備等の資料請求サイトです。

  • 積算資料ポケット版とは
  • 資料請求カート

    0

設計・見積り実例

EXAMPLE

ホーム > 設計見積り実例 > リフォーム編:実例2

リフォーム編:実例2

性能向上リフォームで、安心して長く快適に住める家に

物件概要

  • 所在地埼玉県東松山
    築年数築40年
    構造種別木造在来軸組工法(2階建て)
    建築面積134.77m²
    延床面積169.13m²
    工期設計:約3カ月/工事:約4.5カ月
    工事費総計25,600,129円(税込)
    概算費用151,000円/m²(税込)
    助成金1,850,000円
    内訳:
    長期優良住宅化リフォーム推進事業(1,000,000円)
    東松山市エコ補助金(400,000円)
    耐震補強補助金(400,000円)
    耐震診断補助(50,000円)
  • 外観

リフォームに至った経緯

「とにかく寒い、部屋が暗い」。これをなんとかして欲しいというところから打合せがスタートしました。建て替えも検討していましたが、仮住まいや現状の荷物の量の問題、今の床面積を確保したい等の理由によりリフォームすることになりました。ちなみに新築の場合、3,800万円程度かかる概算でした。

リフォーム工事の概要

打合せを重ね、断熱工事に加え耐震工事もすることになり、耐震性能は一般診断法1.0以上(実際値1.2)、断熱性能はH25省エネ基準を上回ることができました(計算Q値2.0)。

予算の関係上、1階を優先に改修することとなり、間取りも変更しスケルトンリフォーム、2階は内装は壊さず内窓取付けと壁、天井の仕上げのみやりかえることで予算を調整しました。
主な工事内容は次の通りです。

  • 1階スケルトン解体、2階室内側は解体せず
  • 1階サッシ取替(アルミ単板ガラス→オール樹脂Low-Eペアガラスへ)、2階内窓取付け(樹脂ペアガラス)
  • 1階断熱工事
    壁:土壁厚50mm→充填断熱HGW16K 厚105mmの上防湿気密シートの施工
    床:無断熱→HGW16K 厚90mmの上合板気密処理
    下屋天井:無断熱→吹込GW10K 厚300mmの上
    防湿気密シート施工
  • 2階断熱工事
    壁:土壁厚50mm→土壁厚50mm+スタイロエース厚30mm+気流止工事
    天井:無断熱→吹込GW10K 厚300mm
  • 基礎工事:一部基礎補強+全面防湿コンクリート打ち
  • 屋根工事:瓦→GL鋼板天然石吹付葺替え
  • 外壁工事:トタンの外壁→既存撤去の上通気工法サイディング張り
  • とい:すべて取替え
  • 設備工事
    換気:1階第1種熱交換型換気設備、2階第3種換気(給気口設置、排気はトイレ換気扇利用)
    給湯器:灯油式→太陽熱利用給湯システムへ取替え、キッチン入替え
    浴室:タイル浴室段差有→UBへ(バリアフリー対応)
    浴室洗面工事は先行工事とし工事中も利用
    1階洗面化粧台入替え
    2階洗面化粧台入替え
    1階トイレ既存利用(すでにリフォーム済み)
    2階トイレ入替え
  • 冷暖房空調工事:既存壁掛エアコン利用(2台)
  • カーテン等工事:1階縁側断熱ブラインド取付
  • 照明工事:1FLEDへ取替え
  • 内装工事
    1階床:無垢フローリング新設水回りCF新設、壁・天井:ビニールクロス、一部ルナファーザー新設
    2階床:既存のまま、壁・天井:ビニールクロス貼替え

リフォーム工事の効果

敷地内に納屋があったため、浴室と洗面を先に改修して工事中も利用できるようにすることで、敷地内での仮住まいを可能にしました。
冬場は石油ストーブ、炬燵、ホットカーペット等を併用していたそうですが、改修後はエアコンだけで十分だそうです。

図面

リフォーム前

  • リフォーム前

    既存建物外観

  • リフォーム前

    既存建物内観

施工中

  • 施工中

    1階解体工事風景

  • 施工中

    床には断熱材を入れ、過ごしやすく

  • 施工中

    土壁部分にも断熱材を入れた

リフォーム後

  • リフォーム後

    キッチン

  • リフォーム後

    リビングダイニング

  • リフォーム後

    内窓を取付け、断熱性を高めた

  • リフォーム後

    床下:防湿コンクリート

科目内訳

No. 名称 金額(円) 概算費用(円/m²) 構成比(%)
1 解体工事 2,161,012 12,777 9.1
2 基礎工事 1,009,242 5,967 4.3
3 大工材木工事 6,100,238 36,068 25.7
4 屋根工事 2,415,950 14,285 10.2
5 板金工事 333,300 1,971 1.4
6 サッシ工事 1,275,500 7,542 5.4
7 バルコニー工事 58,400 345 0.2
8 外壁工事 1,646,800 9,737 6.9
9 タイル工事 77,950 461 0.3
10 塗装工事 201,720 1,193 0.9
11 建具工事 1,157,400 6,843 4.9
12 内装工事 742,671 4,391 3.1
13 美装工事 536,129 3,170 2.3
14 電気工事 977,750 5,781 4.1
15 給排水設備 375,000 2,217 1.6
16 設備工事 1,429,800 8,454 6.0
17 仮設工事 342,620 2,026 1.4
18 断熱工事 1,049,941 6,208 4.4
19 現場管理・諸経費 600,000 3,548 2.5
20 冷暖房空調工事 72,400 428 0.3
21 カーテン・ブラインド工事 160,000 946 0.7
22 太陽熱給湯システム 980,000 5,794 4.1
合計 23,703,823 140,152 100.0
消費税(8%) 1,896,306 11,212
総計 25,600,129 151,364

概算費用はリフォーム対象面積169.13m²で計算

コストについて

フルリフォームで断熱耐震性能を現行の基準でほぼ満たした結果、坪単価は50万円となりました。
太陽熱給湯システムまで含めて、ほぼ予算予想通りに納めることができました。工事の割合でみると、スケルトンリフォームは解体工事にコストがかかるため、割合が高くなっています。

メルマガ登録
メルマガ登録